オフィス・ブルマンの取材日誌 自動車系物書きのクルマとバイクと…

記者として、カメラマンとして 日々自動車&バイク関連を追いかける、クルマメディア業界の何でも屋・青山義明のブログです。

現在JEVRAが開催している電気自動車レースでは、各サーキットへ充電環境を持ち込んでレースを行なっている。現在日本国内で施設内に常設の急速充電器を設置しているサーキットは筑波サーキットのみである。そのため、車載バッテリーを使い切るような戦いを展開するレースとなるため、予選後および決勝後の充電は欠かせない。そのため、JEVRAでは移動式の充電ユニットを持ち込み、有料ではあるがこの充電サービスを行なうことで、EVレースを行なっているのである。
JEVRArd5_Start3
そんなEVレースだが、近年参加台数に大きな変動は見られないものの、各車両のバッテリー容量の増大が進んでおり、さらにはより大容量バッテリーを搭載した輸入EVの参戦を見込み、その充電システムの補強に踏み切ったということである。
JEVRArd2charge
これまでは東洋電産の仕立てた充電サービストラック「T救号」を持ち込んでいた。これは同社のNMG発電システム(トラック車載オルタネータを置き換える発電システムで、トラックのエンジン駆動で電気を得るシステム)と蓄電バッテリーを搭載。さらには急速充電器を搭載しており、CHAdeMO方式での各車両への充電が可能となっていた。他にも各サーキットの施設電源から交流200Vでの充電なども行なっていた。
NewCharger03
今回新たに、野外コンサートなどでの電源車両を多数そろえるICCインターナショナルのサポートを受け、今シーズンからJEVRAレース開催サーキットへ電源車両が持ち込まれることとなった。それに合わせ、デルタ電子製の壁掛け式DC25kWタイプの充電器(CHAdeMOおよびCCS対応機)を導入。これにキャスターをつけて現場での充電に対応するように改良している。そしてもう一台、中国のELECTWAY社のJEVRA専用60kWタイプの移動式DC急速充電器である。こちらもCHAdeMO方式だけでなくコンボのCCSにも対応するモデルである。
NewCharger05
そのどちらも超コンパクトな筐体に収められており、この2台の充電器はJEVRA事務局が直接会場に持ち込むという。JEVRAでは、電源充実でより多くの参加車両に迅速に充電サービスを提供できるとしている。

シーズンが本格的に指導する春になり、今月後半はギャラン AMGでの出動。

で、岡崎に戻ってある晩のこと。夜駐車場でエンジンを掛けてヘッドライトを点灯させると、あれ? と。もしやと思ってクルマを降りて前に回ってみると、やっぱり…。

12月に切れた右のヘッドランプに代わって、今度は左のヘッドランプが切れてる。
GALANT063
先日購入したIPFのへッドライトの残りのひとつがあったので、翌日ボンネットを開けて手を伸ばそうとしたところ、ヘッドライト裏にはラジエターの補助タンクが鎮座しており、こりゃ大ごとだな、と感じ、前回もお世話になった知り合いの自動車整備工場へ持ち込んだ。が、前回の右のヘッドランプよりも早く交換。さすがプロ(工賃1000円)。ラジエターのタンクは、なんとサクッと外すことができる構造だったと、その交換作業を見たらわかったけれど、見もせずに作業するのはやはり無謀だっただろうなぁ、という感じ。
GALANT064
ま、これで左右のバルブが揃ったので、それはそれでよし、ということで。とりあえず、先につけた右のバルブも今のところ問題なし、ではある。
GALANT065

全日本ラリー選手権も新型コロナウィルス感染拡大の影響で日程変更等の調整が行なわれていますが、2月に予定されていた開幕戦の「Rally of Tsumagoi」は開催中止となってしまいましたが、3月19日~21日、愛知県新城市で開催となります。残念ながら昨年に引き続いて無観客での開催となってしまっていますが…。

今シーズンは、GRヤリスの登場で、この全日本ラリーでも他のモータースポーツ競技同様、業界がざわついています。TOYOTA GAZOO Racingから、昨年までスバルWRXに乗っていた勝田範彦選手(コ・ドライバーは木村裕介選手となります)、そして昨年までヴィッツGRMNでJN2クラスに参戦していた眞貝知志/安藤裕一組が、JN1クラスに参戦するGRヤリスに乗ることとなりました。
EvoX001
そんな新たに登場する車両がある中で、姿を消してしまう車両もありました。それが、三菱ランサー・エボリューションX(CZ4A)です。その登場となる2008年から昨年までの13シーズン、常にこのエボXに乗ってきた奴田原文雄選手がランエボでの参戦から引退すると表明したのです。
EvoX003
奴田原選手といえば、1991年のミラージュ(E-C83A)以来一貫して三菱車に乗ってきています。本人も「頑丈で耐久性があって、過酷な走行状況が続くラリーにはメリットになるんです」と評価しています。
EvoX002
最近はスバルWRX勢に台数では押され気味で、このアドバンカラーの奴田原・佐藤選手が孤軍奮闘といった感じでした。登場から13年も経っていれば「モータースポーツの第一線で戦うのも無理だろう、そりゃ新しいクルマに変えるのもわかる」という人もいるかもしれませんが、いえいえ、それどころか、昨年の新城ラリーで優勝したのは、この奴田原選手のランエボXなのです。まだまだ全然トップタイムを叩き出すことのできる車両です。頑丈だという通り、奴田原選手がこの13年間に走らせてきたランエボXは2台だけ、とのことです。まさに「ベストラリーカー」と本人が評しているとおりです。

なぜランエボ引退なのか?
EvoX004
というところですが、この奴田原選手が走ってきたADVAN-PIAAラリーチームを運営するタスカエンジニアリングが、そのラリー事業を昨年末をもって終了することとなったのがその主たる原因のようです。
NUTAHARA Rally team
新城ラリーは欠場となるようですが、奴田原選手は新たにに「NUTAHARA Rally team」を立ち上げADVANカラーを身に纏ったGRヤリスで、JAF 全日本ラリー選手権・第3 戦「ツール・ド・九州2021 in 唐津(佐賀県唐津市)」から参戦開始となるようです。で、気になるのが、まだまだ戦闘能力の高い、ランエボ2台の行方、だったりします。

このページのトップヘ